秋葉原のビル / Akihabara Building(2020)

内装改修/Renovation of interior

敷地:東京都
​用途:事務所
​面積:60m2 x 3フロア
設計:工藤浩平、小黒日香理(工藤浩平建築設計事務所)
設計期間:2020.1~2
施工:施主による分離発注
竣工:2020.5

浅草橋にある地元に根付く不動産会社のサブリースのための内装改修である。
築60年の小さな古い6F建てのテナントビルのうち、半分のフロアを改修した。

オーナーが住居として住んでいたフロアや、基準階としてつかっていたニュートラルなフロアや
増築を行いイレギュラーに間仕切りが多いフロアなど、
基準階をもつシンプルなペンシルビルであるのに、フロアによってキャラクターを感じる不思議な構成をしていた。

解体してみると、そういった仕上げや使い方の状況は下地や構造への影響が大きく表れ、
異なる質感がそれぞれのフロアに漂っていたので、ビル自体で統一した手法で計画を行うのではなく、
それぞれのコンテクストを拾うように上書きすることとした。

どこまで新しくするのか、塗装をぬって更新するのか、そのまま残すのか。
空間の素を探る手続きをふまえ、つくりながら(コンストラクションと同時に)考えたプロジェクトである。